トウジャンゴサウルス型ゾイド
Tuojiangosaurus-Type

トウジャンゴサウルス型ゾイド

■機体説明
ガイロス帝国軍が開発中の電子戦用ゾイド。情報部が入手した旧大戦時の共和国軍の電子戦用ゾイド「ゴルヘックス」の機体設計をベースに、独自の改良が加えられている。高性能な電子妨害装置を搭載し、性能面では申し分ない。ゲーターの後継機として開発が進められていたが、旧ゼネバス系技術陣が開発した「ダークスパイナー」の開発および配備が優先された結果として、開発スケジュールが遅れがちになっており、制式採用の目処はついていない。


共和国軍の電子戦用ゾイド――通称、「ゴル」シリーズ(笑)――が、全て剣竜類(というか、ステゴサウルス型)なので、帝国サイドにもそういうのがあればよいなぁと思って、描いてみました。

初出はお絵描き掲示板のラクガキでして、そのときにいただいたコメントに悪乗りする形で、帝国版ゴルヘックスとしてデザインを固めていきました。コクピットの昇降システムとか、尻尾のトゲの部分とか、まんまゴルヘックスからパクってます。ただし、足回りはヘルキャットを参考にして、帝国らしさを演出すると同時に、静粛性も高いんだよーってことを、さりげなく?アピールしていますが。

カラーリングは、ゲーター(再販版)に準じています。この辺りは、特に好みの分かれるところではないかと思うのですが、あえて低視認性迷彩に走ることはしませんでした。それに、制式採用されていない試作機という設定ですので、別にデモンストレーション的な配色でも問題ないだろう、と。

ブロックスをはじめとして、どんどん新機軸のゾイドが開発されているみたいですが、こういうオーソドックスなゼンマイゾイドを忘れないで欲しいなって思いますね。この分野でも、やり残していることがまだまだあるハズでしょうから。



ILLUSTRATED BY SEIRAN-KAI.