カルノタウルス型ゾイド
Carnotaurus-Type

カルノタウルス型ゾイド

カルノタウルス型ゾイドは、以前にも描いたことがあったのですが、その時に「あまりカルノタウルスらしくない」との指摘を受けました。その指摘は、確かに的を射たものであったわけで、今回は「よりカルノタウルスっぽい」ラインを目指してみたつもりです。カルノタウルスの特徴的なスタイルは、おおよそ取り込むことができたかなぁと思ってます。

カラーリングは、取り敢えず帝国風にしています。が、特に深い理由があるわけではありません。ゼネバスにしろ、ガイロスにしろ、帝国の設計思想から、こういう淡泊な機体が生まれてくるかどうかは、ちょっと微妙な気がします。固定武装が、バイトファングとガトリング砲(×2)しかないって、今どき共和国サイドにも見かけなさそうだし……。一応、フレームの上から装甲を取り付けている――というつもりでいますので、それらしい配色にしたつもりです。

基本的に、スタイリング以外のことを考えてなかったので、特に設定はなかったりします(^^; まぁ、こんな中途半端な位置にガトリング砲が付いていても、対空防御には使えないし、かといって対人攻撃に使うには大袈裟すぎる。大きな口で噛みつき攻撃(=近接格闘)をするか、背中に武器を背負って火力支援か、突撃か。いずれにせよ、高速戦闘型に分類されることになるんではないかなーと思っていますが。さて……?



ILLUSTRATED BY SEIRAN-KAI.